特集

河井夫妻選挙違反事件

自民党に所属していた河井克行前法相と妻の案里元参院議員が、19年参院選を巡る公選法違反容疑で逮捕されました。

特集一覧

河井克行前法相、亀井静香氏の元秘書に300万円提供か 公選法違反事件

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
河井克行元法相(左)と案里参院議員
河井克行元法相(左)と案里参院議員

 参院議員の河井案里被告(46)=広島選挙区、自民党を離党=が初当選した2019年参院選を巡り、案里議員と共に公職選挙法違反(買収など)で起訴された夫で前法相の衆院議員、克行被告(57)=広島3区、同=が、亀井静香・元金融担当相(83)の元公設秘書に票の取りまとめを依頼する趣旨で現金計300万円を提供していた疑いがあることが判明した。関係者が明らかにした。全受領者の中で最高額だった。東京地検特捜部は、克行議員が亀井氏の影響力を期待して元秘書に現金を渡したとみている。

 起訴内容の受領者は逮捕時から6人増えて100人となり、総額も約2900万円に積み増しされた。関係者によると、元秘書は起訴段階で追加された受領者の一人で、19年5月に広島市内の克行議員の事務所で100万円、公示前日の7月3日にも同市内のホテルで200万円が提供されたという。残る5人の受領者は後援会関係者らで、それぞれ5万円が渡されたとみられる。

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文616文字)

【河井夫妻選挙違反事件】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集