メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本派遣の高松市保健師感染 希望の避難者にPCR検査「精神的に二重の打撃」

避難所で検査を受ける熊本県球磨村の被災者=同県人吉市で2020年7月13日午後10時21分、城島勇人撮影

 熊本県は13日、九州豪雨の被災地支援で高松市から派遣されていた30代の男性保健師1人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。症状はないが、県は同日夕から男性保健師が避難者の健康チェックなどをした避難所2カ所の拭き取り消毒をした。夜には希望した避難者のPCR検査のための検体を採取した。

 熊本県によると、男性保健師は8日から香川県職員2人と12日まで派遣され、熊本県球磨村からの避難所になっている市立第一中学校(同県人吉市、避難者約100人)と旧多良木高校(同県多良木町、約200人)で検温や聞き取りなどの健康チェックの他、「3密」を避けるためのパーティション設営など環境整備を担当していた。

 男性保健師の感染経路は不明。避難所では常にマスクを着け、熊本市内のホテルから連日通っていた。県によると、男性保健師の濃厚接触者は同時に派遣されていた香川県職員2人と、11日に交代した同県職員3人の計5人。男性保健師と一緒に派遣されていた2人はPCR検査で陰性が確認された。交代した3人は14日にレンタカーで香川県へ戻って検査を受ける。

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文1041文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「性暴力被害者の声をつぶすな」フラワーデモ主催者らオンラインで緊急集会 杉田議員発言に抗議

  2. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  3. プロ野球 DeNA5-2広島 広島・森下、新人王へ足踏み

  4. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  5. 新型コロナ 佐野の30代男性が感染 /栃木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです