「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
名乗らずに悩みを相談できるNPO法人「あなたのいばしょ」のチャット相談画面=横浜市内で2020年7月9日午後4時7分、宇多川はるか撮影
名乗らずに悩みを相談できるNPO法人「あなたのいばしょ」のチャット相談画面=横浜市内で2020年7月9日午後4時7分、宇多川はるか撮影

 「花ちゃんの命を奪ってしまったかもしれない」「死に追いやってしまった」「苦しいです」――。5月に急死した女子プロレス選手の木村花さん(22)に対し、SNS上で誹謗(ひぼう)中傷を書き込んだ人たちの声が、取材を通じて浮かび上がった。花さんが出演していたフジテレビの人気リアリティー番組「テラスハウス」の演出にあおられ、心ない言葉を浴びせてしまった人たち。一人の命の重みを前に、今何を思うのか。【宇多川はるか、牧野宏美/統合デジタル取材センター】

「私は生きていいのか」

 名乗らなくてもカウンセラーに悩みを相談できる相談窓口。NPO「あなたのいばしょ」が運営するチャットには、花さんの死去後、誹謗中傷を書き込んだという相談が、7月初旬までに10件あった。相談者は10代から30代の男女で、うち8件は10代女性だった。

 <もっとこうした方がいいよ、という気持ちで書き込んだ>

 <誹謗中傷だったのかも>

 <誰にも話せなかった>

 <私は生きていいのかわかんない>

 寄せられた相談の一例だ。代表の大空幸星(こうき)さん(21)は言う。「…

この記事は有料記事です。

残り1429文字(全文1891文字)

あわせて読みたい

注目の特集