大相撲7月場所、観客入れて開催決める 臨時理事会

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
両国国技館=東京都墨田区で、本社ヘリから
両国国技館=東京都墨田区で、本社ヘリから

 日本相撲協会は13日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、大相撲7月場所(19日初日、両国国技館)を観客を入れて開催することに決めた。協会は当初、新型コロナウイルス感染拡大を受けて無観客で開催する方針を示していたが、定員約1万1000人の4分の1相当の約2500人を上限にすることにした。観客を入れての開催は初場所以来半年ぶりとなる。また11月場所の会場を福岡から両国国技館に移すことも決めた。

 10日から制限付きで観客を動員しているプロ野球やサッカー・Jリーグも参考に、専門家の意見も踏まえてガイドラインを作成。4人用のマス席は1人ずつ利用し、イス席は両横を3席空けるなど混雑緩和を図って開催することにした。会場内は声援自粛で拍手を推奨。飲酒は禁止とする。力士は支度部屋での準備運動時もマスクを着用する。

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文521文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集