メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

すたこら 父の遺影

 2年前に死んだ父の遺影はなかなか変わっている。まず、こっちを向いていない。父の目線はかぶった帽子についたナナフシに向けられている。撮影地はインドネシア。生物学科卒で虫好きだった父は死の3年半ほど前、同じ趣味の友人たちと虫捕りに行った。その時の写真だ。

 この遺影らしくない写真を選んだのは私だ。斜め上を見る少しおどけた写真の父とこちらは目が合わない。スーツ姿で真正面を見るような写真を、普通は遺影に選ぶだろう。だがこの写真、遺影らしくはないが、とても「父らしい」のだ。

 もとから突拍子もない人で、一緒にいると、とても想像のつかないことをする。自転車に乗れば、「近道」だといって畑の真ん中を突っ切る。歩いていても、急にどこかへいなくなってしまう。学生時代には、野球がしたくて大学の敷地にレンガと土を盛って本格的なブルペンをつくり、怒られて重機で解体された。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです