メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

すたこら 父の遺影

 2年前に死んだ父の遺影はなかなか変わっている。まず、こっちを向いていない。父の目線はかぶった帽子についたナナフシに向けられている。撮影地はインドネシア。生物学科卒で虫好きだった父は死の3年半ほど前、同じ趣味の友人たちと虫捕りに行った。その時の写真だ。

 この遺影らしくない写真を選んだのは私だ。斜め上を見る少しおどけた写真の父とこちらは目が合わない。スーツ姿で真正面を見るような写真を、普通は遺影に選ぶだろう。だがこの写真、遺影らしくはないが、とても「父らしい」のだ。

 もとから突拍子もない人で、一緒にいると、とても想像のつかないことをする。自転車に乗れば、「近道」だといって畑の真ん中を突っ切る。歩いていても、急にどこかへいなくなってしまう。学生時代には、野球がしたくて大学の敷地にレンガと土を盛って本格的なブルペンをつくり、怒られて重機で解体された。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです