メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

大楽人 レシピ提案、普及を ビーガン認知度向上へ起業 神戸大4年の工藤柊さん

真っ赤なトマトを両手に、笑顔の工藤さん=本人提供

 私たちは普段から動物、植物などさまざまな「いのち」を食料としているが、動物由来の食品を決して口にしない「ビーガン」というライフスタイルがある。このスタイルを実践しながら、ビーガン料理のレシピサイトの運営などを手がける株式会社「ブイクック」の代表取締役を務める神戸大学4年、工藤柊(しゅう)さん(21)に話を聞いた。【法政大学・平林花】

 工藤さんがビーガンとしての生活を始めたのは2016年、高3の時だった。きっかけは「図書館からの帰り道で車にひかれた猫を見たこと」だったという。何度も車にひかれペチャンコになった姿を見て衝撃をうけ、帰宅後、人に見捨てられた猫たちの運命について調べてみた。そして国内では当時、年間約7万匹もの犬や猫が、殺処分されている厳しい現実を知った。

この記事は有料記事です。

残り1692文字(全文2028文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです