特集

キャンパる

学生記者がキャンパスのみならず、街へ、企業へと縦横無尽に取材。学生ならではの発見をリポートします。

特集一覧

キャンパる

大楽人 レシピ提案、普及を ビーガン認知度向上へ起業 神戸大4年の工藤柊さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
真っ赤なトマトを両手に、笑顔の工藤さん=本人提供
真っ赤なトマトを両手に、笑顔の工藤さん=本人提供

 私たちは普段から動物、植物などさまざまな「いのち」を食料としているが、動物由来の食品を決して口にしない「ビーガン」というライフスタイルがある。このスタイルを実践しながら、ビーガン料理のレシピサイトの運営などを手がける株式会社「ブイクック」の代表取締役を務める神戸大学4年、工藤柊(しゅう)さん(21)に話を聞いた。【法政大学・平林花】

 工藤さんがビーガンとしての生活を始めたのは2016年、高3の時だった。きっかけは「図書館からの帰り道で車にひかれた猫を見たこと」だったという。何度も車にひかれペチャンコになった姿を見て衝撃をうけ、帰宅後、人に見捨てられた猫たちの運命について調べてみた。そして国内では当時、年間約7万匹もの犬や猫が、殺処分されている厳しい現実を知った。

この記事は有料記事です。

残り1692文字(全文2028文字)

あわせて読みたい

注目の特集