メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一杯のかけうどん 心つなぐ コロナ禍の大阪・西成 「困ってるおっちゃん、食べていって」

新型コロナウイルスの影響で仕事がなくなった労働者らに、かけうどん1杯を無料で提供している大前孝志さん(右)=大阪市西成区で2020年7月5日、木葉健二撮影

無料提供 ご近所さんも食材協力

 「困ってるおっちゃん、うどん食べていってや」。日雇い労働者の多い大阪市西成区のあいりん地区にある小さなうどん店が、新型コロナウイルスの影響で困窮した人たちに、かけうどんを無料で振る舞っている。心意気に共感し、食材や資金を提供してくれる商店主らも。コロナ禍の中、「一杯のかけうどん」が労働者の街に支援の輪を広げている。

 大阪府警西成署の向かいにある「淡路屋」(西成区萩之茶屋2)。屋台風の店構えに、木の長椅子が一つだけ。大人が4人も座ればいっぱいになる。

この記事は有料記事です。

残り1251文字(全文1493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  3. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

  4. 安倍前首相公設第1秘書ら聴取 「桜を見る会」前夜祭差額補塡か 東京地検

  5. #生きるのがつらいあなたへ フリーアナ時代にストーカー被害、ネット中傷…自分の「葬式」出した僧侶・高橋美清さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです