メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西川ヘレンのこれ食べてみて

サバじゃが サバそうめん

サバ缶でつけ汁を作る西川ヘレンさん=大阪市北区で2020年6月24日、山崎一輝撮影

 ヘレンさん、お久しぶりです。今回は、自粛生活で買いだめしたサバ缶を使った、サバじゃがとサバそうめんの2品を西川ヘレンさんに教えてもらいます。

 「主人(きよしさん)は若い頃、お金がなかったので、サバ缶のみそ煮をよく食べてました。サバ缶は懐かしいって言うてます」とヘレンさん。

 そのままでもおいしいサバ缶ですが、そこは一工夫。肉じゃがならぬサバじゃがは「ほったらかし料理です」。肉じゃが(2010年12月掲載)もそうでしたが、ヘレンさん流のポイントは「とにかく触らないこと」。タマネギ、ニンジン、ジャガイモとサバ、合わせだしを鍋に入れ、ふたをして煮るだけ。サバは崩さず、塊のまま入れましょう。だしは肉じゃがより少し甘め。ほっとくから煮崩れしません。

 サバそうめんは、つけ汁にサバ缶を使います。「これも買い込み過ぎて」という豆乳がベース。ヘレンだしと薄口しょうゆ、すりゴマ、ゴマペースト、ナッツ、おろしショウガを混ぜ合わせ、最後に大葉を加えます。パクチーでもミョウガでもお好きな薬味でどうぞ。

この記事は有料記事です。

残り1043文字(全文1487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです