メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鎮魂の思い、風車に 御巣鷹の尾根、登山道に200本 /群馬

風車を飾り付ける井上さん(左)と黒沢さん=群馬県上野村で

 乗員乗客520人が犠牲になった1985年の日航ジャンボ機墜落事故の現場「御巣鷹(おすたか)の尾根」の登山道に12日、犠牲者の冥福を祈る風車約200本が飾り付けられた。

 この日は有志の集まり「御巣鷹の事故を忘れない会」メンバーで伊勢崎市の会社員、井上育代さん(57)と尾根の管理人、黒沢完一さん(77)が作業を行った…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文395文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです