メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・食べる・つながる

新しい可能性、昆虫食 100匹分のだし、香ばしく 看板のコオロギラーメン /東京

「コオロギラーメン」。1杯に100匹以上のコオロギが使われている=東京都中央区日本橋馬喰町2のアントシカダで

 昆虫食を扱うレストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」が東京都内に先月オープンした。見た目や味は洗練され、虫を食べると聞くと尻込みしてしまう「ゲテモノ」のイメージとは一線を画す。「肉や魚、野菜と同じように虫も普通の食材にしたい」「未知の食材の面白さ、新しい価値観を見つける場になれば」――。食の新しい可能性を見いだし、昆虫食普及への情熱にあふれる店を訪れてみた。【尾崎修二】

 JR総武線の馬喰町駅の近く、オフィスビルやマンションがひしめく路地に、「A」の文字の看板が現れる。店名の由来はアント(アリ)とシカダ(セミ)とそのままだ。

この記事は有料記事です。

残り1125文字(全文1394文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 「花梨と一緒にいるよう」災害関連死の娘思い 病院敷地にフランスギク 熊本

  4. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  5. 東京駅近くに閉店キャバクラのゴミを不法投棄容疑 元経営者らを書類送検 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです