特集

ヘイトスピーチ

特定の民族や人種など人の尊厳を傷つけるヘイトスピーチは、どんな形であっても許されません。なくすためにはどうする?

特集一覧

「差別は犯罪」市民ら抗議 条例全面施行後、初街宣 川崎 /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 外国出身者やその子孫に対するヘイトスピーチに刑事罰を科す全国初の条例が制定された川崎市で12日、全面施行後初となる街頭宣伝があった。違法な発言がないか市職員が監視するなか、街宣は約2時間に及び、多くの市民らが抗議に駆け付けた。【洪玟香】

 街宣は「在日特権を許さない市民の会」元会長の桜井誠氏が党首を務める政治団体「日本第一党」の関係者らでつくる団体の約20人が、JR川崎駅(同市川崎区)で実施した。日本国旗を掲げ、「外国人を守れと言うなら、日本人も等しく守れ」などと声を上げた。

 団体は柵で囲われ、その外側から「差別は犯罪です」などと書かれた紙を掲げる市民ら約100人が抗議した。怒鳴り声の応酬となった双方の間には警察官が立ち、物々しい雰囲気に包まれた。何事かと立ち止まる通行人に警察官が「立ち止まらないでください」と声をかけた。

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文939文字)

【ヘイトスピーチ】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集