メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新たに17人を確認 11、12日 クラスターが拡大 府内計447人 /京都

[PR]

 府と京都市は12日夜、新たに男女計8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち1人は京都中部総合医療センター(南丹市)の20代女性看護師で、同センターは安全が確認されるまで救急や外来の受け入れを停止し、手術も延期する。11日夜には、京都市が20~70代の男女計9人の感染を発表。17人はいずれも無症状か軽症という。13日午後4時現在、府内での感染者数は計447人となった。死者は18人。

 府などによると、看護師は産婦人科と内科の病棟で勤務していた。4日に計3人で京都市内の飲食店で会食。7日以降、咳や味覚障害の症状があり、11日に感染が判明した。感染経路は不明という。

 他の16人は全て京都市内で感染が確認された。12日に判明した10~30代の男女計4人は、6月30日に市内で開催されクラスター(感染者集団)が発生した飲み会の参加者が、同じ日に2次会と3次会で利用した接待を伴う飲食店の従業員。3次会で利用した店の従業員の感染確認は計8人となり、クラスターが拡大している。

 11日には飲み会があった飲食店の従業員で、当日は休みの20代女性も感染が判明。飲み会の参加者の同僚で陽性だった男性の知り合いで、愛生会山科病院(同市山科区)の20代女性看護師も感染した。

 また、京都信用金庫上鳥羽支店(同市南区)の20代男性職員の感染も11日に判明。同信金によると、ATM(現金自動受払機)コーナーの営業を同日午後から停止し、店内の消毒を実施した。【福富智、千葉紀和】

〔京都版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  2. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  3. 「揚げ足取りばかり」「対案示さない」 野党に厳しい意見 毎日新聞世論調査

  4. 「相棒」 芦名星さんの代役立てず テレビ朝日会長「得がたい存在」

  5. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです