地域のために活躍誓う 大学生が獣害対策 推進員に内山さん、岡田さん 丹波篠山市 /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
委嘱状を手にする内山裕海さん(左)と岡田理文さん=兵庫県丹波篠山市役所で、丸井康充撮影
委嘱状を手にする内山裕海さん(左)と岡田理文さん=兵庫県丹波篠山市役所で、丸井康充撮影

 丹波篠山市の2020年度「地域再生協働員(獣がい対策推進員)」に、大学に通う男女各1人が選ばれ、13日、酒井隆明市長から委嘱状が手渡された。小規模集落を中心に、獣害対策を通して地域活性化や農業の所得向上などを担う。2019年度からの県の事業で、同市では初の委嘱となった。

 2人は、関西学院大総合政策学部4年の内山裕海さん(22)=宝塚市=と、神戸大…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

あわせて読みたい

ニュース特集