連載

クローズアップ

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

クローズアップ

医療従事者へのコロナ差別 情報開示で偏見改善

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
感染患者の病棟に入る前に防護服を着用し、確認する看護師=東京都江戸川区で4月
感染患者の病棟に入る前に防護服を着用し、確認する看護師=東京都江戸川区で4月

 新型コロナウイルス禍では、緊急事態宣言が解除された後も、感染リスクの高い最前線に立つ医師や看護師らと、その家族に対する差別や偏見が続いている。一方で、情報の公開や住民との交流を通し、差別や偏見を改善させた医療機関もある。東京などでは新規感染が続き、第2波が懸念される。医療体制の強化が叫ばれる中、足元の医療スタッフへの差別・偏見対策も急がれる。【吉田卓矢】

この記事は有料記事です。

残り2660文字(全文2839文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集