メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

匿名の刃

SNS暴力を考える 痛みを通した学び、成長に 「せやろがいおじさん」榎森耕助さん

=オリジン・コーポレーション提供

 沖縄の海をバックに、赤いふんどし姿で政治や社会の問題について動画で解説する「せやろがいおじさん」ことお笑い芸人の榎森耕助さん(32)が人気だ。榎森さんは最近、ジャーナリストの伊藤詩織さんに対するネット上の誹謗(ひぼう)中傷問題を取り上げた。その訳を聞いた。【野村房代】

 ――伊藤さんの問題に注目したのはなぜですか。

 ◆これまではネット空間は匿名で自由に相手を攻撃できる「外野」だと思っている人が多く、言葉が過激になりがちだった。伊藤さんは自身を直接中傷した漫画家だけでなく、その投稿を拡散した人も対象に損害賠償訴訟を起こしました。今後は訴訟という形でどんどん球が跳ね返ってくるし、もう安全地帯ではないというふうに、意識をアップデートしていかなければならないと思います。

この記事は有料記事です。

残り2028文字(全文2363文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新種昆虫に“中村哲医師” エジプト人研究員が命名提案 「功績を知って」

  3. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  4. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  5. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです