メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたぼうし音楽祭 入選作品決まる

 障害のある人たちがつづった詩に曲をつけて歌う「45周年記念わたぼうし音楽祭」(奈良たんぽぽの会主催、毎日新聞社、毎日新聞社会事業団など後援)の入選8作品が決まった。音楽祭は8月2日、初のインターネット配信で開催され、視聴者による投票で「わたぼうし大賞」などを決める。入選作は次の通り。(曲名、作詩者、作曲者の順、敬称略)

 「やさしい時間」東京都町田市・太田純平(29)、西東京市・古賀聡子(50)▽「Keep On Smiling~笑顔の花を咲かせよう~」三重県亀山市・御多福豆(63)、奈良市・吉田洋(54)▽「STANDING」東京都台東区・甲斐聖二(59)=作曲も▽「Each life~それぞれのメロディ」松山市・呼都玻、京都市・吉田達矢(32)▽「My parents」大阪市・小林聡(54)、前橋市・加藤和広…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです