メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州鉄道不通 6路線310キロ

 九州を襲った豪雨では鉄道も甚大な被害を受け、一部区間で運転見合わせが続いている。JR九州と第三セクターを合わせて12日現在の不通区間は6路線約310キロに及んだ。このうちJR九州は約230キロが不通となり、同社では九州新幹線と在来線の全路線のうち1割が鉄道橋の流失や線路への土砂流入などで運転できなくなっている。

 JR九州は13日、計345件の被害を確認したと発表。肥薩線は、球磨川にかかる2本の橋が流失するなど65件の被害を受け、八代(熊本県八代市)―真幸(まさき)(宮崎県えびの市)が不通となっている。久大線でも橋の流失など145件の被害で大分県内の日田―向之原で運行を見合わせている。鹿児島線は熊本県内の長洲―植木、鹿児島県内の川内―鹿児島中央の2区間が不通。被災路線は、駅舎が浸水した九州新幹線も含めて計…

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. アート作品? 米ユタ州の砂漠で謎の金属柱発見 臆測が飛び交う

  5. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです