メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一筆半歩

雨の記憶=貝塚太一

 「なして、こがいな目に遭うんかのお」。熊本県の水害のニュースを見ながら、2年前の西日本豪雨で聞いた声を思い起こした。

 当時、広島県呉市に入って被災地を歩いた。96歳の母親を亡くした男性がいた。1階部分が完全に土砂で埋まった母親宅で、部屋の隅から無傷に近いベッドを掘り出して、そっとつぶやいた。

 道路の反対側なら、被災を免れていた。ただただ、土砂を運び出す手伝いに汗を流し、男性には何の言葉も返せ…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 「花梨と一緒にいるよう」災害関連死の娘思い 病院敷地にフランスギク 熊本

  4. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  5. 東京駅近くに閉店キャバクラのゴミを不法投棄容疑 元経営者らを書類送検 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです