メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セクハラ被害女性が声明 市や警察に真相究明要求 ソウル市長自殺

「ソウル市長による威力的なセクハラ事件に関する会見」と書かれた横断幕を掲げ、記者会見する女性支援団体の幹部や弁護士ら。被害を受けた元秘書のメッセージも代読された=ソウル市内の社団法人「韓国女性の電話」事務所で2020年7月13日、堀山明子撮影

[PR]

 韓国の朴元淳(パクウォンスン)ソウル市長の元秘書の女性職員が、朴氏が自殺する前日、朴氏をセクハラで刑事告訴していた問題を巡り、元秘書の弁護士らが13日、ソウル市内で記者会見した。「告訴された人が亡くなったからといって、被害が消えたわけではない」と主張し、国、ソウル市、警察に真相調査団を構成し、被害者の人権を回復するよう要求した。

 弁護士によると、元秘書は4年間にわたり市長執務室内の寝室で朴氏に体を触られたり、深夜にSNS「テレグラム」のメッセージを通じて朴氏の下着姿の写真を送られたりするなどセクハラを受けた。人事異動で秘書室を去った後の今年2月にもメッセージが来たため、朴氏が自殺する前日の7月8日に刑事告訴状を提出していた。

 元秘書は会見に出席しなかったが、声明を発表。被害直後に声をあげられなかったとして「無力で弱い私」と自分を責めた日々を振り返りながら、朴氏を許すために「法の審判を受け、人間的な謝罪をしてほしかった」と告訴に至る心境を訴えた。

 ソウル市は弔問を5日間受ける市葬を営み、13日朝に出棺と告別式を行った。元秘書側は朴氏の遺族に配慮し、告別式終了後の午後に会見をした。【ソウル堀山明子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです