メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

図柄入りご当地ナンバー第2弾 申込件数「松戸」が全国1位 「飛鳥」を僅差でかわす

左上に常盤平のさくら通り、右下に本土寺のアジサイ、中央に矢切の渡しをあしらった松戸市の図柄入りご当地ナンバー=千葉県松戸市提供

 図柄入りご当地ナンバーの第2弾として、5月11日から交付が始まった全国17地域の中で、「松戸」の申込件数が全国1位となった。4月13日から受け付けを始め、6月末までの申し込みが1856件だった。

 千葉県松戸市の図柄入りナンバーは、左上に常盤平のさくら通り、右下に本土寺のアジサイ、間に矢切の渡しをあしらった。導入前の市民意識調査では約8割がご…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 平井デジタル担当相、個人情報保護ルール見直しに意欲

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. 新型コロナ 塩釜のすし店4人感染 従業員と客 利用者は連絡を /宮城

  5. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです