メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

那須塩原で「宙飛ぶメロン」収穫 スムージーやメロンミルクも販売

ぶら下がったメロンを収穫する職員=栃木県那須塩原市の道の駅「湯の香しおばら」で2020年7月13日、湯浅聖一撮影

 那須塩原市関谷の道の駅「湯の香しおばら」内にあるビニールハウスで、水耕栽培で育ったメロンが収穫期を迎えている。ハウスの棚上にぶら下がった状態で実をつけていることから「宙(そら)飛ぶメロン」と名付けられ、収穫後は道の駅の農産物直売所やスイーツに加工して販売している。

 メロンは通常、露地栽培が多いが、道の駅を運営する「アグリパル塩原」は道の駅の新たな魅力を創出しようと、東京都町田市…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  3. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  4. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです