特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

「はやぶさ2」地球への帰還は12月6日に カプセル分離して落下させる計画

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
地球へ帰還し、小惑星リュウグウの石などが入ったカプセルを分離した探査機「はやぶさ2」の想像図=宇宙航空研究開発機構提供
地球へ帰還し、小惑星リュウグウの石などが入ったカプセルを分離した探査機「はやぶさ2」の想像図=宇宙航空研究開発機構提供

 小惑星探査機「はやぶさ2」が、今年12月6日に地球へ帰ってくることが明らかになった。萩生田光一・文部科学相が14日の閣議後会見で発表した。はやぶさ2は地球上空で、探査した小惑星リュウグウの物質が入っているとみられるカプセルを分離し、オーストラリア南部の砂漠へ落とす。カプセルを地球へ届けた後、はやぶさ2の探査機本体は新たな天体へ向かう計画だ。

 はやぶさ2は2014年12月に打ち上げられ、18年に地球と火星の間にある小惑星リュウグウへ到着した。当初の計画では3回リュウグウへ着陸し、試料を採取する予定だったが、リュウグウの表面全体が大きな岩で覆われ、簡単に着陸できないことから作戦変更を余儀なくされた。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文561文字)

【はやぶさ2】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集