特集

検察官定年延長を問う

内閣の裁量で高検検事長らの定年延長を可能とする特例を盛り込んだ検察庁法改正案についてまとめます。

特集一覧

法務・検察行政刷新会議、16日に初会合 賭けマージャン問題受け

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
法務省=本橋和夫撮影
法務省=本橋和夫撮影

 法務省は14日、黒川弘務・前東京高検検事長の賭けマージャン問題を受け、信頼回復に向けて組織のあり方などを議論する「法務・検察行政刷新会議」の初会合を16日に開くと発表した。鎌田薫・前早稲田大総長が座長を務め、有識者委員12人で構成する。

 主な論点は、①検察官の倫理②法務行政の透明化③日本の刑事手続きへの国際的理解を得るための方策――の3点。③は前日産自動車会長のカルロス・ゴーン被告が保釈中に国外逃亡し、日本の刑事司法制度に批判が集まったことを踏ま…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

【検察官定年延長を問う】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集