メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

王位戦第2局、藤井聡太七段が2連勝 終盤の強さ発揮 最年少タイトルに挑戦中

将棋の藤井聡太七段

 将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦七番勝負(新聞三社連合主催)の第2局は14日、札幌市厚別区のホテルエミシア札幌で2日目の対局が行われ、午後7時40分、藤井が144手で勝って2連勝を飾った。残り時間は両者ともに1分。第3局は8月4、5日、神戸市北区の中の坊瑞苑で行われる。

 最年少タイトル獲得記録の更新がかかる藤井が先勝して迎えた第2局。2日目は藤井にとってタイトル戦初となった封じ手の開封で対局が再開された。互いに慎重に時間を使って本格的な戦いが起こらないまま細かいやりとりが続いたが、木村の巧みな指し回しに藤井の誤算があったようで、木村が優位に立った。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元SMAP森且行選手、落車し緊急搬送 骨盤骨折で入院、全治不明

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. 「ナボナ」の亀屋万年堂 シャトレーゼが買収 和菓子拡充

  4. #自助といわれても 町から届いた冷酷な順序 ALS患者でさえ家族介護を求める行政の“誤解”

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです