メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

王位戦第2局、藤井聡太七段が2連勝 終盤の強さ発揮 最年少タイトルに挑戦中

将棋の藤井聡太七段

[PR]

 将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦七番勝負(新聞三社連合主催)の第2局は14日、札幌市厚別区のホテルエミシア札幌で2日目の対局が行われ、午後7時40分、藤井が144手で勝って2連勝を飾った。残り時間は両者ともに1分。第3局は8月4、5日、神戸市北区の中の坊瑞苑で行われる。

 最年少タイトル獲得記録の更新がかかる藤井が先勝して迎えた第2局。2日目は藤井にとってタイトル戦初となった封じ手の開封で対局が再開された。互いに慎重に時間を使って本格的な戦いが起こらないまま細かいやりとりが続いたが、木村の巧みな指し回しに藤井の誤算があったようで、木村が優位に立った。

 しかし、藤井は秒読みに追い込まれながら勝負手を連発して決め手を与えず、木村の攻めの緩みを見逃さず、一気に逆転。藤井が持ち前の終盤の強さを発揮した。木村は「チャンスはあったかと思ったが……。寄せ損ねた」と悔しさをにじませた。次局に向けて藤井は「今日の将棋を反省して第3局に生かしたい」。木村は「一生懸命、精いっぱい頑張りたい」と語った。

 藤井は現在、王位戦と棋聖戦の二つのタイトルに挑戦中で、いずれかを奪取すれば、屋敷伸之九段(48)が持つ最年少タイトル獲得記録(18歳6カ月)を更新する。16日にはタイトル奪取まであと1勝と迫った棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)第4局で渡辺明棋聖(36)に挑む。【山村英樹】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  5. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです