メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひっくり返った車、ひしゃげた家… 被害調査同行で見た風景 熊本・八代市坂本町

[PR]

損壊した家を調べる福岡市の職員ら=熊本県八代市坂本町坂本で2020年7月14日午前10時20分、成松秋穂撮影

 記録的豪雨による球磨川の氾濫で広範囲が浸水した熊本県八代市坂本町で、市が住家被害調査を進めている。被災11日目となる14日、調査のため福岡市から派遣された職員らに同行し、2人が犠牲になった坂本町坂本地区に入った。

 今なお茶色く濁り、ゴーゴーと音を立てて流れる球磨川。川沿いの道のあちこちで車が横倒しになったり、ひっくり返ったりしたままだ。道路標識もなぎ倒されている。

建物が壊れ、家具が散乱したJR肥薩線坂本踏切付近。奥の球磨川は茶色く濁っている=熊本県八代市坂本町坂本で2020年7月14日午前10時35分、成松秋穂撮影

 JR肥薩線の線路のすぐ脇には、流されたとみられる建物がもろくも横倒しになり、周りに家具が散乱していた。

 住家被害調査は、被災者が支援を受けるのに必要な罹災(りさい)証明書を発行するため実施する。土砂や流木が流れ込んでひしゃげた家々を被災地支援で派遣されている福岡市の職員らが見て回った。

 この日も断続的に雨が降り続く中、泥だらけになった家具を運び出す人の姿もあった。【成松秋穂】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  3. 首相会見に識者「政府の責任から逃げている」「質疑は『おまけ』という姿勢」

  4. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

  5. 沖縄県、新たに159人感染 過去最多を更新 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです