連載

focus プロ野球

あのヒーローはどんな選手? あのプレーの意味は? プロ野球のホットな話題を幅広く取り上げます。

連載一覧

focus プロ野球

異例のシーズン 先発球数制限に日替わり打線… 12球団の目玉戦略は

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
開幕から「日替わりオーダー」を組み、スタートダッシュに成功した巨人の原監督(右)=神宮球場で2020年6月28日、喜屋武真之介撮影
開幕から「日替わりオーダー」を組み、スタートダッシュに成功した巨人の原監督(右)=神宮球場で2020年6月28日、喜屋武真之介撮影

 6月19日にプロ野球が開幕してから3週間以上が過ぎた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で約3カ月遅れでスタートした今季、自主練習期間を経て難しい調整を強いられた選手たちは、例年より少ない120試合を過密日程で戦う。異例ずくめのシーズンとなった中、上々のスタートを切った球団が見せた戦略とは?

調整期間考慮し、先発の球数制限

 2カード目のオリックス6連戦で6連勝を飾ったロッテは、先発陣に配慮した早めの継投で白星を重ねた。開幕前に吉井投手コーチが「先発投手が長い回を投げるには調整期間が短い」と話していたように、継投策は予定通りのものだ。

 開幕ローテーション入りした6投手のうち、最初の登板では美馬が96球を投げたのを除けば、いずれも80球前後。救援陣の負担は大きくなったが、6月23日のオリックス戦(ゾゾ)後、井口監督は「先発は投げる度にイニングと球数が増える」と説明した。実際、2度目の登板から石川、種市は100球以上を投げ、美馬、小島も3度目の登板で100球超え。実戦を通じて先発陣のスタミナ面の不安は解消されつつある。

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1206文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集