メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

疑問氷解

武田信玄の騎馬隊はなぜ戦国最強と言われているのですか? 武川衆についても教えてください

武田信玄の命日(4月12日)には、武田家に仕えた人たちにふんした人たちがパレードをします=甲府市古府中町で2016年4月

[PR]

 Q 武田信玄たけだしんげん騎馬隊きばたいはなぜ戦国せんごく最強さいきょうわれているのですか? 武川衆むかわしゅうについてもおしえてください。(茨城県土浦市いばらきけんつちうらししょう3、はたみことさん)

たくみな信玄しんげん戦術せんじゅつ すぐれた家臣かしんつよ

 A 戦国武将せんごくぶしょう武田氏たけだし研究者けんきゅうしゃで、2016ねん大河たいがドラマ「真田丸さなだまる」を監修かんしゅうした歴史学者れきしがくしゃ平山ひらやまゆうさんにきました。

 武田たけだ騎馬隊きばたい最強さいきょうだったというのは、作家さっかはじめたことです。小説しょうせつ映画えいが・ドラマのいさましいイメージに影響えいきょうされているため事実じじつとはいえませんが、武田たけだ騎馬きば攻撃こうげきほか大名だいみょうたちがとても警戒けいかいしていたのは本当ほんとうです。

 じつは、歴史れきし世界せかいでは、東日本ひがしにほん東北とうほく武士ぶしうまってたたかうのがとてもうまく、西日本にしにほん近畿地方きんきちほう武士ぶしは、得意とくいというかたがあるのです。ぎゃくに、ひがしふねるのが下手へたで、西にしふないくさ得意とくいといわれています。

 織田信長おだのぶながも「長篠ながしのたたかい」のとき、武田たけだ騎馬きば攻撃こうげきふせぐために、ぼうさくうまるのをふせさく)をつくったほどで、武田たけだ騎馬きば攻撃こうげき脅威きょういかんじていました。

 ただ、武田たけだぐんのほとんどがうまっていたわけではなく、それは映画えいがやテレビの世界せかいはなしなのです。

 武田たけだぐんなかでは、真田さなだ室賀むろがのような地域ちいき国衆くにしゅうわれる、ちいさいけれどしろっている「お殿様とのさまクラス」の領主りょうしゅたちもうまっていました。ぐんつくるときには、へいたちを、やり、ゆみうまけて、編成へんせいなおします。当時とうじうま部隊ぶたいのことを「騎馬きばしゅう」とんでいました。しかし、ぜんぐんのほとんどがうまっているというモンゴルの騎馬きば軍団ぐんだんのような部隊ぶたいは、日本にっぽんにはありません。

 武田たけだ武士ぶしおそれられていたのは、信玄しんげんたたかかたがとてもうまかったからです。信玄しんげん戦術せんじゅつかく部隊ぶたい部隊ぶたいちょう的確てきかくり、臨機応変りんきおうへんうごけたというのが武田たけだぐんつよみでした。

 もうひとつの質問しつもん、「武川衆むかわしゅうについて」です。甲斐国かいのくにいま長野県ながのけん山梨県やまなしけん県境けんきょう位置いちするきゅう武川村むかわむらきゅう白州町はくしゅうまち現在げんざい山梨県北杜市やまなしけんほくとし一帯いったいちいさいむらのボス、むかし言葉ことば土豪どごう領主りょうしゅ)の連合体れんごうたいの「しゅう」というひとたちがいました。かれらはおたがいにつよむすびつきをもち、その地域ちいき平和へいわ維持いじのため、外敵がいてきはいってきたときには一緒いっしょたたかいました。その領主りょうしゅ連合れんごうひとつが武川衆むかわしゅうです。

 武川衆むかわしゅうは、武田信玄たけだしんげん息子むすこ勝頼かつよりめいじられ、地元じもと武川むかわ地域ちいきまもりながら、信濃しなのいま長野県ながのけん)からてきめてくるのを警戒けいかいする国境警備こっきょうけいびをしていました。30にんほどで、正規軍せいきぐんたたかってかなう兵力へいりょくではないので、ゲリラせん得意とくいとしました。有名ゆうめいたたかいだと「川中島かわなかじまたたかい」で、武川衆むかわしゅうのメンバーの一人ひとりが、戦死せんしした武田信玄たけだしんげんおとうと信繁のぶしげくびを、てきからうばかえしたという逸話いつわのこっています。【木谷朋子きたにともこ

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  4. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  5. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです