メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ORICON NEWS

『カワスイ 川崎水族館』17日グランドオープン “多摩川からアマゾン”の水辺を五感で体感

情報提供:ORICON NEWS

17日にオープンする『カワスイ 川崎水族館』パンタナルエリア (C)ORICON NewS inc.
 川崎市初の水族館『カワスイ 川崎水族館』が17日、川崎ルフロンの9・10階にグランドオープンするのを前に、メディア内覧会が14日に開かれた。世界の水辺を旅するかのように6つのゾーンに分かれ、五感を刺激する“生きものとの出会い”が体感できる。

【写真】色とりどりの魚がたくさん…『カワスイ 川崎水族館』アフリカゾーン

 同館は、都会にいながら世界の水辺が楽しめる、新感覚のネイチャーエンターテインメント水族館。「世界の水辺」をテーマに、同市を流れる多摩川からアジア、アフリカ、南米アマゾンの熱帯雨林まで、世界のさまざまな環境に暮らす生きものを、最先端の技術を駆使して展示している。延床面積は約7000平米で、69個の水槽、約230種類の生き物を鑑賞できる。また昼・夜で異なる空間演出が施され、訪れるたびに新しい発見や驚きがあるという。

 同館は水中カメラ映像をAIがリアルタイムで解析し、水槽内の生き物の種類と解説を大型ディスプレイに表示する次世代の展示システム『リンネレンズ スクリーン』を世界で初めて導入。8つの水中カメラと11台のタッチパネルを設置し、世界の淡水魚の多様性と魅力を届ける。

 館内の展示は10階のプロローグから始まり、「多摩川ゾーン」「オセアニア・アジアゾーン」「アフリカゾーン」と続く。9階には「南アメリカゾーン」「パノラマスクリーンゾーン」「アマゾンゾーン」があり、全6つのゾーンで構成されている。

 「南アメリカゾーン」にある、世界最大級の湿原「パンタナル」を再現したパンタナルエリアでは、ネオンテトラなど色鮮やかな小型の魚など約8000匹を鑑賞できる。水槽のバックには実際にアマゾン川流域で撮影した映像をLEDモニターで放映しており、まさに現地にいるかのような雰囲気が楽しめる。

 「アマゾンゾーン」では、9・10階の吹き抜けを生かした熱帯雨林の温室を設置。世界最大の淡水魚・ピラルクや、ピラニア、レッドテールキャットなどを展示しているほか、今後はカピバラやフタユビナマケモノ、オニオオハシも登場する予定。またスコールや霧のほか、夜間は雷といった天候の演出もあるという。

 水族館の展示以外にも、「カワスイ オフィシャルショップ」や、カフェ・レストランも併設している。

 また新型コロナウイルス感染を防ぐため、混雑時の入館制限やサーモグラフィーカメラでの検温を行うなど、対策を徹底する。

情報提供:ORICON NEWS

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. ジャパンライフ立件へ 被害2000億円、元会長ら詐欺容疑 警視庁

  4. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです