メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

上原 隆・評『ブルックリン・フォリーズ』『見えない傷』

◆『ブルックリン・フォリーズ』ポール・オースター/著(新潮文庫/税別800円)

◆『見えない傷』北大路翼・著(春陽堂書店/税別1800円)

 東京・上野池之端に住みはじめて20年近くになる。長い間ただ住んでいるというだけで、地域の人との付き合いはなかった。2年前からバウンドテニスのサークルに入り、そこで地元で育った人たちと知り合いになった。週1回、中学校の体育館を借りて練習をしている。練習の合間にいろんな話をする。それが楽しい。ところが、このコロナ禍で3月以来中止が続いている。

 先日、女性のО江さんからLINEが入った。K田さんが元気がないみたいなので連絡してほしいという。2人は毎朝ラジオ体操で顔を合わすのだが、2週間近く顔を見ていないらしい。私はサークル内で一番下手で試合では補欠扱いなのだが、そんな私に相談してくれたことが少しうれしかった。K田さんは私より二つ三つ年上で、話好きの人気者だ。電話をすると元気な声で出てきた。話すうちにそれが空元気だとわかったのだけれど、一…

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  2. 死刑執行、被害者遺族へ通知 21日から法務省 希望者が対象

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです