メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

三浦 天紗子・評『いのちの停車場』南杏子・著

◆『いのちの停車場』南杏子・著(幻冬舎/税別1600円)

 この夏、著者の第2作『ディア・ペイシェント 絆のカルテ』がドラマ化される。現役医師でもある作家の目を通して描かれる物語からはいつも、どう生きるかだけではなく、どう人生を終(しま)うかも大切なことだと思い知らされる。『いのちの停車場』は在宅医療や終末期医療、積極的安楽死の問題などをモチーフにした心震える物語だ。

 都心の救急救命センターをある事情で退職した62歳の白石咲和子は、故郷・金沢に戻り、在宅医療専門の「まほろば診療所」を手伝い始める。救急医療のベテランである咲和子は、在宅医療など苦もなくこなせると思っていたが、初日から在宅ならではの難しさに直面し、その自信はもろくも崩れ去る。治療や介護の手順が決まっている病院や施設と違い、在宅では当事者の生活を尊重しながらケアを進めなくてはいけない。費用面も介護者…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文908文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  2. 死刑執行、被害者遺族へ通知 21日から法務省 希望者が対象

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです