メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしの居場所

心の隔たり越えつなぐ 交流生まれ進化する、多文化の街・新大久保

経営する韓国料理店で自慢のサムギョプサルを勧めるズオン・アン・ドゥック=東京都新宿区で

 コリアンタウンとして知られる東京都新宿区の新大久保地区。韓国料理店が並ぶ路地の奥に、その店はあった。「コギちゃん」。豚の三枚肉サムギョプサルの焼き肉や、甘辛い韓国風唐揚げのヤンニョムチキンが、若い日本人女性客らに人気だ。

 調理場では韓国人が働き、日本人とベトナム人が接客に当たる。多文化の街を象徴するような店のオーナー、ズオン・アン・ドゥック(31)もベトナム人である。

 ドゥックはベトナム中部ハティンで生まれ育った。母国の大学を卒業後、「経済が発展した日本なら、いろいろチャンスがあると思って」2013年に来日した。

 居酒屋などでアルバイトをしながら日本語学校に通い、専門学校で経営を学ぶと、いきなり起業する。新大久保に、卵黄と練乳を加えたベトナム風エッグコーヒーの店を出したのだ。

この記事は有料記事です。

残り1553文字(全文1896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです