メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

河井夫妻はなぜ辞めない=与良正男

 公職選挙法違反(買収)で起訴されたにもかかわらず、なぜ前法相の河井克行被告(衆院議員)と妻の案里被告(参院議員)は議員辞職しないのか。こんな疑問の声を私も連日のように聞く。

 新型コロナウイルスの影響で、多くの人々が苦しんでいる。飲食店の廃業が相次ぎ、激務が続く看護師らの夏のボーナスが下がった病院も少なくないという。ところが議員の仕事ができない夫妻が歳費とボーナスを全額もらう。おかしいと感じるのは当然だ。

 無論、現段階では「推定無罪」が成り立つ。今後二人は地元議員らに現金を配った点は認めながらも、「通常の政治活動で、票の取りまとめを依頼する違法な選挙運動ではない」と主張するようだ。裁判の争点ではあるだろう。

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです