連載

ニッポンへの発言

アイドル評論家・中森明夫さんが、エンタメ業界のさまざまな話題を軸に世相を切り取ります。

連載一覧

ニッポンへの発言

キーワード 「東京差別」の深層=中森明夫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
もやでかすんだ東京都心。中央は東京スカイツリー=東京都墨田区で、本社ヘリから手塚耕一郎撮影
もやでかすんだ東京都心。中央は東京スカイツリー=東京都墨田区で、本社ヘリから手塚耕一郎撮影

 「東京差別」という言葉があるのだそうだ。全国の都道府県で、新型コロナウイルスによる感染者数は東京都が突出して多い。緊急事態宣言が明けて、東京都外への移動が自由になったが、東京から地方へ来てくれるなとの風潮があるという。東京都民はコロナの感染源と見なされているようだ。帰省もできず、故郷の親族を病院に見舞うのもはばかられるといった話もある。ああ、とうとうこういう事態になってしまったか。

 15歳で上京して、その後、45年間も私は東京に住んでいる。長年の東京都民だ。が、時折、地方に行くと、その現実を思い知らされる。駅前の寂れた商店街、ガラガラの電車、早い時刻に店が閉まって夜は人けがない。東京と正反対だ。異様に人が多く、通勤電車は超満員で、繁華街は真夜中までにぎやかで、人であふれている。東京のこの環境こそ、コロナ禍の温床だろう。いわゆる満員電車と“夜の街”である(しかし、“夜の街”関…

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1661文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集