メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンへの発言

キーワード 「東京差別」の深層=中森明夫

もやでかすんだ東京都心。中央は東京スカイツリー=東京都墨田区で、本社ヘリから手塚耕一郎撮影

 「東京差別」という言葉があるのだそうだ。全国の都道府県で、新型コロナウイルスによる感染者数は東京都が突出して多い。緊急事態宣言が明けて、東京都外への移動が自由になったが、東京から地方へ来てくれるなとの風潮があるという。東京都民はコロナの感染源と見なされているようだ。帰省もできず、故郷の親族を病院に見舞うのもはばかられるといった話もある。ああ、とうとうこういう事態になってしまったか。

 15歳で上京して、その後、45年間も私は東京に住んでいる。長年の東京都民だ。が、時折、地方に行くと、その現実を思い知らされる。駅前の寂れた商店街、ガラガラの電車、早い時刻に店が閉まって夜は人けがない。東京と正反対だ。異様に人が多く、通勤電車は超満員で、繁華街は真夜中までにぎやかで、人であふれている。東京のこの環境こそ、コロナ禍の温床だろう。いわゆる満員電車と“夜の街”である(しかし、“夜の街”関…

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ペットの犬が新型コロナ陽性 国内初、別世帯の2匹 健康状態に異常なし

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです