メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

想像の旅へ出発進行 BS日テレ「友近・礼二の妄想トレイン」演出 山井貴超さん

司会の友近(左)と「中川家」の礼二。駅の看板など鉄道グッズに囲まれたスタジオで“妄想トーク”を展開する=BS日テレ提供

 「出演者が旅をしない、ちょっと変わった旅番組です」

 6月から始まった「友近・礼二の妄想トレイン」(月曜午後9時)の演出を担当している。お笑いタレントの友近と、お笑いコンビ「中川家」の礼二が司会を務め、ゲストらと共に理想の鉄道旅行プランを練るバラエティー。毎回、決まっているのは目的地と出発駅だけ。「何時発の列車で行くか」「目的地に着いたらどこを観光するか」など、鉄道や旅好きな出演者が時刻表を片手に、“妄想”で話し合いながら決めていく。

 「私は鉄道に詳しくはないですが、時刻表で想像の旅を楽しむ気持ちは分かります。今はスマートフォンで列車の時刻や乗り換え方法が簡単に分かりますが、時刻表を使って旅を計画する楽しさは、多くの人に伝わるのではないかと思いました」

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです