タンタン、神戸バイバイ 繁殖重視の中国 きょう契約終了

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
中国に返還されるジャイアントパンダ「タンタン」=神戸市立王子動物園で2020年5月27日午後1時54分、韓光勲撮影
中国に返還されるジャイアントパンダ「タンタン」=神戸市立王子動物園で2020年5月27日午後1時54分、韓光勲撮影

 神戸市灘区の市立王子動物園で20年間愛されてきた雌のジャイアントパンダ「タンタン」(旦旦、24歳)が新型コロナウイルスの影響が落ち着き次第、今秋にも中国に戻る。15日に貸与契約が終了するためで、日本国内でパンダを飼育するのは東京都台東区の上野動物園(3頭)と和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド(6頭)の2カ所だけとなる。人間でいえば60~70歳になるという高齢のタンタンは、なぜ神戸でなく、中国で「余生」を送ることになったのか。

この記事は有料記事です。

残り1854文字(全文2071文字)

あわせて読みたい

注目の特集