メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの防災緑地 人家守り交流も 17日にオープン 相馬の原釜尾浜 /福島

県が整備した原釜尾浜防災緑地。17日から公園としてオープンする=相馬市原釜・尾浜地区で2020年7月9日、高橋秀郎撮影

 相馬市沿岸部で県が整備していた原釜尾浜(はらがまおばま)防災緑地が完成し、17日正午から利用が始まる。東日本大震災の津波被害を受けて県が県内4市町で手がけた全10カ所の防災緑地整備が終了した。

 防災緑地は、盛り土に潮風に強いクロマツなどを植林している。かさ上げした堤防とともに津波の勢いをそぎ、漂着物を捕捉することで、被害を軽減し避難時間を確保する。普段は良好な景観を生かし、住民交流…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 余録 かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった…

  3. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 行く手を阻むバス、バス… 60台で巨大迷路 コロナ禍逆手に「はとバス」企画

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです