メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 困窮者への宿提供「再開を」 署名1万筆 支援団体、都に要望 /東京

都の担当者に要望書を手渡す北畠さん=東京都新宿区西新宿2で2020年7月14日、猪森万里夏撮影

 都内を拠点にするホームレス支援団体などは14日、家がなく生活保護を申請している人が家を見つけるまでの間、ホテルを提供する施策を再開するよう都に要望した。連日、100人を大きく超える新たな感染者が確認されるなか、生活困窮者への緊急支援を求めるとして、1万筆を超えるウェブ署名も提出した。【猪森万里夏】

 要望書を提出したのは、まちづくりコンサルタントの北畠拓也さん(30)と一般社団法人つくろい東京ファンド▽NPO法人TENOHASIなどの計9団体と個人。

 都は、ネットカフェへの休業要請に伴い4月から今月7日まで、ネットカフェ利用者やその後、生活保護を申請してまだ住居が見つかっていない人たちにビジネスホテルでの滞在を提供していた。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  2. 愛知で87人感染、69日ぶり80人超 大村知事がハロウィーン自粛呼びかけ

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです