メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型ヘリの運用を開始 東京消防庁 /東京

東京消防庁の新型ヘリコプター、4代目「ひばり」=同庁提供

 東京消防庁は新型ヘリコプターの4代目「ひばり」の運用を始めた。国内初登録の型式で長時間の飛行が可能で、地上の障害物との衝突を防ぐための警報装置も搭載している。

 同庁によると、ヘリは「レオナルド式AW189型」。カーボンファイバーなどを機体に使い軽量化し、エンジンをデジタル制御することで、1回の飛行…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文300文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  3. 新型コロナ 北九州市、新たに14人が感染 昼カラオケ、2人増え19人に /福岡

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. ふらっと東アジア 中国「千人計画」を一律に「スパイ作戦」扱いするリスク

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです