メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 80代男性2人を災害関連死認定 長野市 /長野

[PR]

 長野市は14日、昨年10月の台風19号で被災後に死亡した市内の80代男性2人について、新たに災害関連死に認定したと発表した。

 市によると、1人は長時間体が水につかった後、避難先での生活が影響して死亡した。もう1人は粉じんや砂ぼこりを吸い込み、肺炎で亡くなった。審査会を経て災害との因果関係が認められた。

 同市では他にも3件が継続審議されている。台風19号での県内の災害関連死は8人、死者は計13人になった。【小鍜冶孝志】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです