メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記録的豪雨1週間 人的被害少なく、警戒続く /岐阜

雨が続くこの一週間で新たに道路脇の崩落も起こった=岐阜県高山市丹生川町小野で2020年7月14日、大竹禎之撮影

 停滞した梅雨前線による記録的な豪雨で1級河川・飛驒川が氾濫するなどした豪雨災害は15日で発生から1週間になった。一時は最大18地区、1234世帯、3031人が孤立したものの、14日夕時点で孤立はすべて解消し、人的被害は貯水タンクのふたが車にぶつかったことによるけが人1人にとどまっている。梅雨前線による雨は少なくとも数日は続くとみられており、県内では引き続き警戒が必要だ。【黒詰拓也、熊谷佐和子、大竹禎之】

この記事は有料記事です。

残り1892文字(全文2096文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです