メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訪ねてみました

摂津峡=大阪府高槻市 緑に囲まれ涼を感じて

渓流コースから少し脇に入ったところにある白滝。こぢんまりしていて落ち着く=大阪府高槻市で、中川博史撮影

 <おでかけ>

 やっと外出できるようになったはいいが、すでに夏。巣ごもりが続いた後だけに、暑さがひときわこたえる。「緑に囲まれて涼を感じたい」。そんなことを思い、自然の恩恵を求めて大阪府高槻市の北部にある渓谷・摂津峡に出かけた。【中川博史】

 4月の初め、緊急事態宣言が出る前に一度訪れている。重苦しいムードの世間から逃れ、ゆったりした時間を過ごしたくて、桜広場に咲く約230本のソメイヨシノを見に行った。例年だと「さくら祭り」など花見客らでにぎわうが、今年は中止。広場には少人数で遊びに来た若者や散歩しているおじさんやおばさん、桜を写真に収める人たちの姿を見かける程度だったが、気分がやわらいだ。

 摂津峡には散策コースがいくつかある。今回の目当ては芥川に沿った渓流コース。所要時間は約40分と手ごろだ。きついアップダウンが少ないので、脚力に自信がなくても楽に歩ける。

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文888文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです