メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

六甲山彩る四季の植物 “秘境の花”布花で表現 18日から、西宮の津島さん作品展 /兵庫

洋服や調度など全て手作りのミニチュアハウス=兵庫県西宮市で、木田智佳子撮影

 植物をモチーフにした布花の作品展「六甲山を彩る花たち」が18日から「六甲山サイレンスリゾート」(神戸市灘区六甲山町)で開かれる。西宮市の布花作家、津島幸恵(ゆきえ)さん(64)が制作。ブルーポピーなど六甲の四季の草花を、自ら染めた布で繊細に表現している。26日まで。【木田智佳子】

 布花作りは、絹や綿の白い布を花弁や葉などの形に切り、染料を調合して染めることから始まる。1枚ずつコテを当てるなどして表情を付け、貼り付けて仕上げる。

 津島さんは大学生の頃に、山上るいさん(故人)の作品の美しさに魅せられて師事。結婚などで一時中断していたが、約10年前に再開し、教室も開いている。「布花は時を経て退色しても味わいがある。大きな作品をばらして違うものに作り替えることもでき、変幻自在な点も魅力」と話す。

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 永和商事ウイング快勝 スクールパートナーは敗退 都市対抗東海2次

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです