メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見聞録

大学生が昆虫食普及 料理手順、動画サイトで公開 食糧問題、打開の一助に /奈良

コオロギコーヒー開発に向け、ドリップ技術を練習する清水さん=奈良市の平城宮跡歴史公園内「トキジクキッチン」で、稲生陽撮影

 食糧問題を打開する一助にしようと、昆虫を料理する「昆虫食」の手順を動画投稿サイト「YouTube」で公開し始めた大学生がいる。近畿大農学部3年、清水和輝さん(21)=斑鳩町。6月からは、養殖コオロギの粉末を混ぜた「コオロギコーヒー」の開発費を稼ぐためのクラウドファンディングも始めた。「餌に対する成長の効率が良く、養殖が簡単な昆虫が一般的な食材になれば、世界規模での問題解決にも近づく。偏見を捨てて試してみてほしい」と話す。【稲生陽】

 近年、昆虫食は全国で静かなブームになっているが、清水さんは「よく誤解されるが、必ずしも昆虫の姿形のまま食べるわけではないし、昆虫単体で食べるわけでもない。エビや魚と同じで、おいしく加工して食材や調味料の一部にできれば、というだけ」と説明する。「僕だって昆虫よりもハンバーグの方が好き。でもみんなが毎日ハンバーグを食べようとすれば、おそらく地球がもたない」

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  3. ママ、待って待って ブラジルバクの赤ちゃん「ユウキ」公開 甲府市遊亀公園付属動物園

  4. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです