メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪雨 江の川氾濫 自然の猛威、県内に爪痕 /島根

玄関先まで水につかった民家=島根県江津市川平町南川上で2020年7月14日午後3時11分、竹内之浩撮影

 激しい雨によって14日午前9時半ごろ、江津市川平町と同市桜江町田津の2カ所で発生した江の川の氾濫。松江地方気象台によると、13日午前0時から14日午前11時までの降水量は江津市桜江で141ミリを記録。同日午前10時ごろまでに江津市の3201世帯6084人、美郷町の1749世帯3619人に避難指示が出され、県内で最大計348人が避難した。自然の猛威を前にした住民からは不安の声が相次いだ。【竹内之浩、前田葵、小坂春乃】

この記事は有料記事です。

残り972文字(全文1182文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  2. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです