メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「佐賀DCAT」発足 災害時、高齢者や障害者支援 161人登録、研修重ね派遣へ /佐賀

発足式に臨んだ藤崎さん(右から2人目)ら佐賀DCATのメンバーら

 大規模災害時に避難所などで、高齢者や障害者ら配慮が必要な人を支援する「県災害派遣福祉チーム」(佐賀DCAT)が発足した。県の呼び掛けに応じて、社会福祉士や看護師ら計161人が登録。今後、基礎研修を重ねて災害派遣に備える。【竹林静】

 「専門性を生かして何か役に立てないだろうか」。特別養護老人ホーム「シルバーケア吉野ケ里」(吉野ケ里町)の理学療法士、藤崎亮介さん(35)は熊本地震(2016年)の際に現地に入り、専門的な支援の必要性を実感した。佐賀県内から飲料水などの物資を届けに向かったが、「避難所は食料すら十分に行き渡っていない状態。介護などの支援が必要な避難者を助けるため、一人でも多く知識を持つ人が入ることが必要と感じた」。病院勤務の経験から「医療と福祉の両面から支援したい」と登録の呼び掛けに応じたという。

 DCATは大規模災害時の福祉避難所などで即応する専門チームで、介護福祉士らで構成。高齢者らを中心に支援が必要な「要配慮者」の健康状態の把握や、搬送・別室移動の優先順位を決めるトリアージ、避難先での介護などを引き受ける。派遣が決まれば登録者の中から4、5人でチームを組み、現地で5日間ほど活動する。支援に一定のめどが立つまで繰り返し派遣される。

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  4. 福岡県「飲み会は2時間以内」「2次会控えて」 コロナ警報を発動

  5. お盆は帰れる?帰れない? 揺らぐ政府発信 西村氏「控えて」菅氏「気をつけて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです