メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

ハリウッドスターには…

[PR]

 ハリウッドスターには「成功は本物か」「世間を欺いていないか」と悩む人が少なくないそうだ。アカデミー賞俳優のトム・ハンクスさんも「いつも綱渡りをしていると感じる」と語っている。こうした自己不信を症状とするのが「インポスター症候群」だ▲1970年代に米国の心理学者が提唱した。「インポスター」は詐欺師。成果を上げても自分の実力と思えず、「いつか正体がバレるのでは」と不安になるという。米国の調査では7割の人が似た感情を抱いた経験があるそうだ▲正式な精神疾患ではないが、診断法や治療法も研究されている。男性より女性、特に成功した女性に症状を示す人が多いとされ、ミシェル・オバマ前大統領夫人もその一人と告白している。自分に厳しい人に起きやすいのかもしれない▲この人は「いつかバレる」という不安に駆られたことがあるだろうか。数々の疑惑が指摘されてきたトランプ米大統領だ。めいが出版した暴露本で大学入試の際の「替え玉受験」疑惑が浮上した▲ボルトン前大統領補佐官に続く「身内」からの告発だ。大統領選への影響が注目されるが、半世紀以上前の話で具体的な証拠はない。ホワイトハウスは「全くのウソ」と否定した。トランプ氏のイメージが大きく変わるわけではあるまい▲臨床心理学の博士号を持つめいはトランプ氏を明らかな「ナルシシスト」と分析している。野党やメディアから「インポスター」と批判されてきたトランプ氏は同症候群からは最も遠い存在か。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです