所得再分配強化 枝野氏、目玉政策に苦慮 安倍政権の「横取り」警戒

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
立憲民主党の主な主張と安倍政権の施策
立憲民主党の主な主張と安倍政権の施策

 立憲民主党の枝野幸男代表が、次期衆院選に向けた目玉政策の打ち出し方に苦慮している。5月末に「政権構想の私案」として、所得再分配機能を強化する「機能する政府」を発表したが、党内からは「抽象的すぎて、有権者へのアピールにならない」との不満が上がった。野党には安倍政権に独自政策を取り込まれてきた「トラウマ」もあり、枝野氏は「手の内を早い段階でさらすことはあり得ない」と理解を求めている。

 「自己責任を強調する社会を『互いに支え合う社会』に変えなければならない」。枝野氏は6日、衆院選をにらんだ全国行脚の第1弾として訪れた高知市での党会合で私案を説明した。新型コロナウイルス対応を巡り、日本の「小さすぎる行政」の弊害が浮き彫りになったとして「機能する政府」への転換も訴えた。

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文1068文字)

あわせて読みたい

注目の特集