メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2帰還、12月6日 「リュウグウ」届け、別の天体へ

はやぶさ2 帰還カプセル回収計画

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、小惑星探査機「はやぶさ2」の地球への帰還日について、12月6日に決まったと発表した。小惑星リュウグウで採取した物質入りのカプセルを地球のはるか上空で切り離し、オーストラリア南部のウーメラ砂漠に落下させる。探査機本体は別の天体の探査に向かう予定で、JAXAは新たな行き先を検討している。

 はやぶさ2は2014年12月、H2Aロケットで打ち上げられ、18年6月にリュウグウに到着。着陸して試料を採取したり、人工クレーターを作製したりする任務をこなし、19年11月13日に地球へ向けて出発した。JAXAによると、往復飛行距離約52億キロのうち、14日時点で残りは約3億キロになった。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 「花梨と一緒にいるよう」災害関連死の娘思い 病院敷地にフランスギク 熊本

  4. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  5. 東京駅近くに閉店キャバクラのゴミを不法投棄容疑 元経営者らを書類送検 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです