政権批判の「料理動画」なぜ人気 声高主張より「蒸し鶏」で 「クッキング議員」に聞く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
議員宿舎の台所で鶏肉を料理をしながら、小池百合子・東京都知事を批判する山下氏=山下氏のツイッターアカウントから
議員宿舎の台所で鶏肉を料理をしながら、小池百合子・東京都知事を批判する山下氏=山下氏のツイッターアカウントから

 ジャズが流れるキッチンで、料理をしながら政権批判――。そんないっぷう変わったツイッターの動画が人気を集めている。再生回数は多いときで70万回以上。投稿の主は、参院議員で共産党副委員長の山下芳生氏(60)。もはや「クッキング議員」と呼んでもいいかもしれない。料理と政治という不思議な取り合わせが、なぜこんなに注目を集めているのか。本人に聞いてみた。【古川宗/統合デジタル取材センター】

きっかけは大学生からの指摘

 「何百億円もの公金を、実体のないトンネル会社に注ぐことに何も疑問を感じないのでしょうか。しかも電通は若者を過労死させてきたブラック企業だ」

 手際よくジャガイモをスライスさせながら、話題にしているのは国と電通の不透明な関係が指摘されている持続化給付金問題。動画は2分10秒、やや込み入った内容にもかかわらず、ツイッター上での再生回数は13万回超え。返信欄には「我々庶民もこんなふうに手を動かしながら、怒っている。しっくりくる」と賛同のメッセージが並ぶ。

 投稿した「料理動画」はこれまで約20回。その多くが10万回以上再生され、多いものは70万回を超えて…

この記事は有料記事です。

残り1718文字(全文2199文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集