特集

森友学園問題

学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題。不明な点は今も残っています。

特集一覧

「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「夫の遺志を引き継ぐ」。自殺した近畿財務局職員、赤木俊夫さんの遺影を前に、裁判への思いを語る妻雅子さん=大阪市内で2020年7月14日午後1時29分、伊藤遥撮影
「夫の遺志を引き継ぐ」。自殺した近畿財務局職員、赤木俊夫さんの遺影を前に、裁判への思いを語る妻雅子さん=大阪市内で2020年7月14日午後1時29分、伊藤遥撮影

 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題。改ざんに関与させられ、自殺した近畿財務局職員、赤木俊夫さん(当時54歳)の妻雅子さん(49)が、国と同省の佐川宣寿・元理財局長に損害賠償を求めた訴訟が15日、大阪地裁で始まる。雅子さんはなぜ、裁判に踏み切ったのか。何が決意を後押ししたのか。初弁論を前に、毎日新聞の取材に語った。【聞き手・松本紫帆、伊藤遥】

 ――2017年2月、近畿財務局が森友学園に国有地を格安で売却した問題が表面化し、財務局も国会対応に追われるようになりました。赤木さんの異変を感じましたか。

 ◆夫と公園を訪れていた時、信頼していた職場の上司から、夫に電話がありました。夫は「上司が困っているようなので、助けに行きたいんや」と話し、公園から財務局へ向かいました。その日を境に徐々に元気がなくなり、笑顔も少なくなりました。仕事へ行くのもつらそうで。ただ、その当時はどうして夫が落ち込んでいるのか、詳しく話を聞いていませんでした。

 ――赤木さんが改ざん作業をさせられていることを、いつ知りましたか。

 ◆18年3月2日に財務省の改ざん疑惑が報道されました。私が「これやろ?」と聞くと、「これ僕がやった」と初めて打ち明けました。

 ――亡くなったのは、その5日後でした。

 ◆3月7日の朝、私が仕事で家を出る時はいつもなら居間にいるのに、玄関まで来て「ありがとう」と言ってくれました。「疲れるほど悩んでる? 悩んだらだめよ」とメールを送りましたが、返信はありませんでした。仕事を早退し、自宅に戻ったら、息を引き取っていました。もうすぐ55歳の誕生日でした。切なくて……。

不信積み重なり裁判に踏み切る

 ――赤木さんは誠実な仕事ぶりが知られていました。

 ◆以前、近所の方にたまたま会った時、夫は「私の雇用主は国民」と話していたそうです。その信念に反するような改ざんは許せなかったと思う。自分に対しても悔しさがあっただろうし、…

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1817文字)

【森友学園問題】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集